推薦受験者の心構え~高校受験(メンタル編)~

この「推薦受験者の心構え」というブログは、2017年に書かれたものですが、トレッペの教室長うつみは毎年同じことを受験生に伝えています。

推薦受験生に教室長うつみがお願いしたいこと、それは――

「準備しすぎないこと!」

あくまで本番は2月の一般入試。

推薦入試は、一般入試がおろそかにならないように準備してほしいです。

ここでトレッペの生徒さんに声掛けしている、推薦受験の心構えを紹介します。

 推薦の準備は短期集中で!

推薦の準備に時間を取られ過ぎて、一般試験がおろそかになる人が実に多いです。   推薦の準備はなるべく短期間に集中してやろう!

一般受験の勉強の手をゆるめてはダメ!

「推薦があるから」といって、受験勉強の手をゆるめてはいけません!

本番はあくまでも2月の一般受験です。

「結果気になって勉強が手につかない」という言い訳をしてはダメ!

推薦合格発表まで、「結果が気になって勉強が手につかない」という言い訳をしてはいけません。推薦受験が終わったら、粛々と一般受験勉強をすすめましょう。

ショックで勉強が手につかない」という言い訳をしてはダメ!

万が一推薦に落ちても、「ショックで勉強が手につかない」という言い訳をしてはいけません。

つまり、「推薦を言い訳にせず、並行して一般受験に備えましょう!ということです。

でも、「推薦はお試しなんだな」とは考えないようにしたいですね。

推薦を言い訳にせず、なおかつ推薦受験当日は「絶対に受かるっ!」という強い気持ちで臨んでください(^^♪

↓2017年度版はこちら↓

推薦受験者の心構え【高校受験】 【極論勉強法】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。